苗穂山 農本神社

スポンサーリンク
スポンサーリンク
苗穂山農本神社 本殿 札幌市東区の神社

苗穂山農本神社は、札幌市東区の住宅街に鎮座する小さな神社です。

すぐとなりに小さな公園があり、子どもたちが元気に遊ぶ姿も見ることが出来ます。

元々は、苗穂山神社でしたが、後に農本が加えられ苗穂山農本神社となっています。

スポンサーリンク

苗穂山農本神社 詳細とアクセス方法

  • 旧社格:無願神祠
  • 所属:なし
  • 住所:北海道札幌市東区東苗穂11条2丁目16-30
  • TEL:なし
  • 御朱印:なし
  • 参拝可能時間:24時間
  • 社務所受付時間:社務所なし
  • 例祭日:不明
  • 駐車場:なし
  • 公式サイト:なし
  • 創建:1883年(明治16年)

苗穂山農本神社へのアクセス方法・行き方

  • 大通バスセンター(大通駅・バスセンター前駅直結)から、北海道中央バス「東6 札苗線」に乗車、「東苗穂11条3丁目」下車、徒歩約3分(約250m)
  • JR苗穂駅から、北海道中央バス「東6 札苗線」に乗車、「東苗穂11条3丁目」下車、徒歩約3分(約250m)
  • 地下鉄東豊線「東区役所前駅」から、北海道中央バス「東68/ビ68 伏古・札苗線」に乗車、「東苗穂11条3丁目」下車、徒歩約3分(約250m)
  • 地下鉄東豊線「環状東通駅」から、北海道中央バス「東68/ビ68 伏古・札苗線」に乗車、「東苗穂11条3丁目」下車、徒歩約3分(約250m)
  • 地下鉄東豊線「環状東通駅」から、北海道中央バス「東79 北札苗線」に乗車、「東苗穂11条3丁目」下車、徒歩約3分(約250m)
  • 地下鉄東豊線「環状東通駅」から、北海道中央バス「東69 北札苗線」に乗車、「東苗穂11条3丁目」下車、徒歩約3分(約250m)
  • 地下鉄南北線「麻生駅」から、北海道中央バス「麻26 麻生東苗穂線」に乗車、「東苗穂11条3丁目」下車、徒歩約3分(約250m)
  • 地下鉄東豊線「栄町駅」から、北海道中央バス「麻26 麻生東苗穂線」に乗車、「東苗穂11条3丁目」下車、徒歩約3分(約250m)

環状通東駅からもっともバスが出ているので、環状通東駅を利用するのがおすすめです。

苗穂山農本神社の御祭神

  • 金毘羅稲荷
  • 大山祗神
  • 木花咲耶姫神

苗穂山農本神社の由緒・歴史

  • 1883年(明治16年入植者であった水森源五郎氏が小祠を建て、自宅の守護神として「金毘羅稲荷」を祀ったことが始まり
  • 1933年(昭和8年)大山祗神・木花咲耶姫神の御神霊を合祀し「苗穂山神社」とする
  • 1951年(昭和26年)苗穂山農本神社と改称する
  • 1997年(平成9年)約50メートル離れた現在の場所に移転改築される

苗穂山農本神社の代表的なご利益

  • 商売繁盛
  • 安産祈願・子授かり・子宝
  • 安全祈願

苗穂山農本神社の境内末社

境内末社はありません。

苗穂山農本神社の御朱印

御朱印はありません。

苗穂山農本神社の関連リンク

苗穂山農本神社のフォトギャラリー

クリックで拡大

苗穂山農本神社 鳥居

苗穂山農本神社 社号標

苗穂山農本神社 本殿

苗穂山農本神社 社号標

苗穂山農本神社 鈴

苗穂山農本神社 石碑

タイトルとURLをコピーしました