札幌伏見稲荷神社

スポンサーリンク
スポンサーリンク
札幌伏見稲荷神社 鳥居の参道 札幌市中央区の神社

札幌伏見稲荷神社は、札幌市中央区の藻岩山の麓にある神社です。

赤い鳥居が27基も並ぶ美しい参道が人気で、海外からも訪れる人がいます。またフォトジェニックな景色を求めて撮影に訪れる人も大勢います。

スポンサーリンク

札幌伏見稲荷神社 詳細とアクセス方法

  • 旧社格:郷社
  • 所属:北海道神社庁
  • 住所:北海道札幌市中央区伏見2丁目2-17
  • TEL:011-562-1753
  • 御朱印:あり
  • 参拝可能時間:24時間(夜は危険)
  • 社務所受付時間:概ね9:00~17:00
  • 例祭日:9月9日
  • 駐車場:あり
  • 公式サイト:なし
  • 創建:1884年(明治17年)

札幌伏見稲荷神社へのアクセス方法・行き方

  1. 円山公園駅経由で円山バスターミナルへ
  2. JR北海道バス「循環 円10」もしくは「循環 円11」に乗車
  3. 「慈啓会前」バス停下車 徒歩約3分(約230m)

もしくは

  • 札幌市電「西線14条駅」から徒歩約15分(約1km 坂道あり)

車がある場合は車でのアクセスがおすすめ(駐車場マップコード:9 399 852*30)

札幌伏見稲荷神社の御祭神

札幌伏見稲荷神社の由緒・歴史

  • 1884年(明治17年)に伏見稲荷大社に分祀を願い出て創成川の近くで分神を祀る
  • 1898年(明治31年)琴似村十二軒に遷座
  • 1907年(明治40年)現在地に遷宮

札幌伏見稲荷神社の代表的なご利益

  • 商売繁盛
  • 金運上昇
  • 安全祈願
  • 技芸・武芸・芸能

札幌伏見稲荷神社の境内末社

札幌伏見稲荷神社の御朱印

札幌伏見稲荷神社 御朱印

社務所にて御朱印はいただけます。

初穂料は300円です。

札幌伏見稲荷神社への管理人による訪問・参拝レポート

札幌伏見稲荷神社は札幌の神社の中では最もフォトジェニックな神社と言われおり、写真撮影のためだけに訪れる観光客も多くなっています。

でも、凛とした空気が張り詰める稲荷神を祀っている神社です。

実際の景色はどうなのか、写真を多めに紹介します。

>訪問・参拝レポートの続きを読む

札幌伏見稲荷神社の関連リンク

札幌伏見稲荷神社のフォトギャラリー

クリックで拡大

札幌伏見稲荷神社 入口

札幌伏見稲荷神社 鳥居の参道

札幌伏見稲荷神社 鳥居の参道

札幌伏見稲荷神社 鳥居の参道

札幌伏見稲荷神社

札幌伏見稲荷神社 本殿前の鳥居

札幌伏見稲荷神社 本殿

札幌伏見稲荷神社 本殿の鈴

札幌伏見稲荷神社 手水舎

タイトルとURLをコピーしました