北海道神宮

スポンサーリンク
スポンサーリンク
北海道神宮 本殿 札幌市中央区の神社

北海道神宮は、北海道の一宮として北海道の神社の頂点と言える神社。円山公園・円山動物園に隣接しており、多くの観光客が訪れる人気の神社です。

北海道神宮のある円山エリアはおしゃれな飲食店もあり札幌観光でも人気のスポットにもなっています。

スポンサーリンク

北海道神宮詳細とアクセス方法

  • 旧社格:官幣大社
  • 所属:北海道神社庁
  • 住所:北海道札幌市中央区宮ケ丘474
  • TEL:011-611-0261
  • 御朱印:あり
  • 参拝可能時間:時期により異なる(後述)
  • 社務所受付時間:9:00~17:00(11~2月は16:00まで)
  • 例祭日:6月15日
  • 駐車場:あり(参拝は1時間まで無料・祈祷は2時間まで無料)
  • 公式サイト:北海道神宮
  • 創建:1869年(明治2年)

北海道神宮 参拝時間について

北海道神宮の本殿の前には神門という門があり、夕方~夜になると閉じられ、朝になると開けられるため、夜間の参拝は出来ません(元旦を除く)。

期 間開 門閉 門
元旦0:0019:00
1月2日~1月3日6:0018:00
1月4日~1月7日6:0016:00
1月8日~1月31日7:0016:00
2月1日~2月末日7:0016:00
3月1日~3月31日7:0017:00
4月1日~10月31日6:0017:00
11月1日~12月31日7:0016:00

北海道神宮へのアクセス方法・行き方

  • 札幌東西線「円山公園駅」から徒歩12分
  • 円山バスターミナルからバスにて「神宮前」下車・徒歩3分

>北海道神宮 アクセス方法詳細

北海道神宮の御祭神

  • 大国魂神(おおくにたまのかみ)
  • 大穴牟遅神(おおなむちのかみ)
  • 少名彦神(すくなひこなのかみ)
  • 明治天皇(めいじてんのう)

当初は開拓三神だったが、1964年(昭和39年)に明治天皇を増祀して4柱へと変更されました。

北海道神宮の由緒・歴史

  • 1869年(明治2年) 明治天皇により北海道鎮護の神を祭祀するよう勅を発したことにより創建、構想は江戸時代よりあった。
  • 1870年(明治3年)仮社殿を創成川河畔に造る
  • 1871年(明治4年)札幌神社と命名され、円山に社殿を造営し鎮座した

北海道神宮のご利益

  • 縁結び・恋愛成就
  • 安産祈願・子授かり・子宝
  • 合格祈願・学業成就
  • 夫婦円満・家内安全
  • 商売繁盛
  • 病気平癒・健康祈願
  • 必勝祈願・勝利成功
  • 技芸・武芸・芸能
  • 旅行・交通安全

北海道の一宮でありすべてのご利益があると言われています。

北海道神宮の境内末社

北海道神宮の御朱印

北海道神宮の御朱印

北海道神宮の御朱印は祈祷受付所でいただけます。

初穂料は500円です。

北海道神宮への管理人による訪問レポート

北海道神宮は四季の変化が楽しめ、地元の人にも観光者にも人気の神社です。

四季を通じて美しい景色が見られるだけではなく、北海道らしいアレも見ることが出来る可能性が高いことでも知られています。

更に北海道神宮でしか普段は食べられないスイーツも…

>訪問レポートの続きを読む

北海道神宮の関連リンク

北海道神宮のフォトギャラリー

クリックで拡大

北海道神宮 本殿

北海道神宮 本殿

北海道神宮 神門

北海道神宮 第二鳥居

北海道神宮 参道

北海道神宮 神輿

北海道神宮 第3鳥居

北海道神宮 参道と神門

エゾリス

タイトルとURLをコピーしました