小彦名神はどんな神様?神格や御利益も説明

スポンサーリンク
スポンサーリンク
小彦名神 御祭神・神様
小彦名神

小彦名神(すくなひこなのかみ)は、北海道神宮を始めとする多くの神社の御祭神になっている神様です。

一寸法師の原型にもなった神様として有名ですが、一部ではコロポックル伝説と結びついています。

スポンサーリンク

小彦名神について

小彦名神は北海道において開拓三神の1神として多くの神社で祀られています。

大穴牟遅神と協力して天下を経営したとも言われています。

一方で悪童的な性格もあるとされており、いろいろな面を持つ神様だったようです。

小彦名神の神格

国造りの協力神・常世の神・医薬の神・温泉の神・禁厭の神・酒造の神・穀物の神 等

小彦名神のご利益

  • 国家安泰
  • 病気平癒・健康祈願
  • 五穀豊穣
  • 商売繁盛
  • 旅行・交通安全

いろいろな神格があることから様々な御利益があるとされています。

小彦名神の別称

スクナヒコナノカミ・スクナビコナノカミ・少毘古那神・少彦名神・少名御神

  • スクナヒコナ
  • スクナビコナ

とヒに濁点がある場合と無い場合がともにあります。

小彦名神の系譜

古事記では神産巣日神(かみむすびのかみ)の子とされ、日本書紀では高皇産霊神(たかみむすびのかみ)の子とされています。

小彦名神を祀る札幌の神社

小彦名神を祀っている神社は札幌市内に24社あります。

>小彦名神を祀る神社 一覧

タイトルとURLをコピーしました