月寒神社は家族で参拝したい公園隣接の神社

スポンサーリンク
スポンサーリンク
月寒神社 拝殿神社訪問・参拝レポート
月寒神社

月寒公園と言えば、あまりお目にかかれない長い長い、あれがある公園、

そのため子供達に人気の公園となっています。

そんな月寒公園に隣接してあるのが月寒神社です。

家族で月寒神社に参拝で出かけその後に月寒神社で遊ぶというのもおすすめです!

月寒公園の人気のアレを含めて参拝レポートをお届けします。

>月寒神社の詳細・アクセス方法はこちら

スポンサーリンク

月寒神社は駅から徒歩12分ほど

月寒神社に向かうべく地下鉄東豊線に乗って「月寒中央駅」へ

月寒中央駅

月寒神社へは月寒中央駅の1番出口がおすすめです。

案内によっては2番出口が最寄駅と書かれていますが、2番出口はエスカレーターが無い出口なので階段で地上まで上がるのか結構大変なのでエスカレーターのある1番出口から出るとその後が楽です。

あんぱん道路

1番出口を出て正面を見ると「アンパン道路」という看板が目に入ります。

アンパン道路?アンパンマンの銅像でもあるのかな?とか頭の中をよぎります。

でも、やなせたかしは確か東京出身もしくは四国の方の育ちで北海道は関係ないはず。

と思い調べてみると道路を突貫工事で作る時にアンパンを差し入れたという歴史から生まれた道だということがわかりました。

月寒あんぱん

だから月寒名物で月寒あんぱんという名物もあります。美味しいですよ。

月寒中央駅の4番出口を出たところに月寒あんぱん本舗の本店があります。

と関係ない話はそれぐらいにしておいて、月寒神社の話に。

月寒中央駅の1番出口を出て北へと国道36号線沿いを歩いていきます。

月寒神社 社号標

しばらく歩いていくと全国有名チェーンのカレー屋さんの横に月寒神社の社号標が見えてくるのでその方向へと向かいます。

月寒神社 入口

すると大きな鳥居が見えてくるのでそこが月寒神社です。

月寒中央駅から月寒神社まで歩いたタイムラプスムービーがあるので見てもらうとどれぐらいの距離か何となくわかってもらえると思います。

距離にすると約800メートルで概ね10~12分くらいで到着します。

月寒神社の境内の様子

月寒神社 第一鳥居

月寒神社の入口である第一鳥居を正面から見たところです。非常に大きな鳥居です。

月寒神社 社号標

鳥居の手前には立派な社号標があります。

月寒神社 由緒書

鳥居の横には由緒書もあるのですがかなり色が落ちて読みにくくなってしまっています。

月寒神社

鳥居の前で一礼して参道へと入ります。

月寒神社 参道と石灯籠

月寒神社 参道と石灯籠

参道の脇には石灯籠が並んでいて、こういう参道はなんか神社に来たな~って感じさせてくれると思いませんか?

途中社務所がありますが、それは後で説明します。

月寒神社の手水舎

第2鳥居の手前に手水舎があります。

月寒神社 手水舎

立派な手水舎です。

月寒神社 手水鉢

つくばい風の雰囲気のある手水鉢で水道がついていますが蛇口をひねっても水は出てきませんでした。なのでここで一礼して先に進むことに。

月寒神社 第二鳥居

第二鳥居の手前で一礼して拝殿へと向かいます。

月寒神社の拝殿

月寒神社 拝殿

そして月寒神社の拝殿の前へ

左右に狛犬様が鎮座しています。

月寒神社 狛犬様

月寒神社 狛犬様

立派な台座に乗っている狛犬様

月寒神社 狛犬様

月寒神社 狛犬様

意外と愛嬌のある表情の狛犬様です。

月寒神社 社号額

立派な社号額で縦書きで「月寒神社」と書かれています。

月寒神社の賽銭箱

立派な賽銭箱ですが蓋がかぶっています。お賽銭を入れて

月寒神社の鈴

鈴を鳴らし二拝二拍手一拝で参拝です。

月寒神社 参道

拝殿から振り返ってみた参道です。

月寒神社 社殿を横から見たところ

月寒神社は月寒公園に隣接しているので、公園の敷地から本殿を見る事もできます。

月寒神社の本殿後ろ側

かなり立派な社殿です。

拝殿と本殿の位置関係

なお社殿は本殿と拝殿を合わせた言い方です。通常参拝するところが拝殿でその奥が本殿となっています。

月寒神社の御朱印は社務所にて

月寒神社 社務所

月寒神社の社務所は参道の途中にあります。

チャイムがついているのでチャイムを鳴らします。

割と不在のこともあり管理人は2回行って2回とも不在で3回目は事前に電話で確認をしてから向かいました。事前に電話で確認されることをおすすめします。

月寒神社の御守

社務所の中では御守やおみくじが置かれています。

月寒神社 御朱印

上記の写真がいただいた御朱印です。初穂料は300円でした。

月寒神社だけに三ヶ月の御朱印が良い感じです。

月寒神社の後は月寒公園で遊ぼう

月寒神社は月寒公園に隣接していることは説明済みですが、月寒公園は近隣の子どもたちに大人気の公園なんです。

その秘密は・・・・

月寒公園の長い滑り台

物凄く長い長いなが~い、滑り台があるから。

月寒公園のロング滑り台

休日に行くと多くの子どもたちが何度も何度も滑っているのがよくわかります。

冬季は乗れなくなるので概ね4月から10月くらいまでの間です。

月寒公園の遊具

他にも遊具が多く子どもたちが楽しめる公園です。

月寒公園の池

また月寒公園には池が夏季はボートに乗ることも出来ます。

月寒神社のエゾリス

公園内にはエゾリスも生息しているので、運が良ければ見られるかもしれません。

公園と対象的に静かな月寒神社

月寒神社

月寒公園は子どもたちが無邪気に遊び元気な感じを受けますが、月寒神社は非常に静かな感じがします。

月寒神社は広島県の宮島「厳島神社」の御分霊と稲荷神の2柱を祀ったことが起源の神社で、ともに普段は静かな神様なのでその雰囲気が出ているのかな?と思いました。

神社は静・公園は動、そんな感じを受ける場所です。

月寒中央駅で月寒あんぱんを買って、神社を参拝し、公園でアンパンを食べながら遊ぶ、そんな休日におすすめの神社です。

  • 住所:北海道札幌市豊平区月寒西3条4丁目1-56
  • TEL:011-851-0857
  • 御朱印:あり
  • 参拝可能時間:24時間
  • 社務所受付時間:概ね9:00~17:00(不在時多し)

詳細はこちらをクリック

タイトルとURLをコピーしました