豊玉姫命(トヨタマヒメ)はどんな神様?神格や御利益も説明

スポンサーリンク
スポンサーリンク
御祭神・神様

豊玉姫命(とよたまひめのみこと)は日本神話に登場する女神です。

神武天皇(初代天皇)の祖母として知られている女神ですが、どんな神格があり祀っている神社はどんな御利益があるのか詳しく説明します。

スポンサーリンク

豊玉姫命について

豊玉姫は初代天皇とされる神武天皇の祖母にあたり、イザナギとイザナミから生まれた豊玉彦命(綿津見神:わたつみのかみ)の娘とされています。

豊玉姫命は海の神ですが、山の神であった山幸彦と結婚することになります。

山幸彦は海幸彦と兄弟で、ある日海幸彦から釣具を借りて海に釣りにいったところ、釣り針を無くしてしまい海幸彦から怒られ悲しんでいるところに、塩椎神(しおつちのかみ)に教えられ、小舟に乗り「綿津見神宮(わたつみのかみのみや)」(又は綿津見の宮、海神の宮殿の意味)に赴く。

そこで豊玉姫命と出会い、結ばれるという話です。

この話、何かに似ていませんか?

そうです。浦島太郎です。

浦島太郎の伝説は日本各地にありますが、豊玉姫命が乙姫だったという説もあります。

豊玉姫命は山幸彦と結婚して鵜葺草葺不合命(ウガヤフキアエズ)を儲けます。

そして鵜葺草葺不合命(ウガヤフキアエズ)が玉依姫(豊玉姫の妹)と結婚し、彦火火出見尊(神武天皇)を生んだとされています。

豊玉姫命の神格

海の神・水の神・真珠の神・子育ての神

豊玉姫命のご利益

本来出会うことが無かった山の神と海の神が出会ったことで、

  • 縁結び・恋愛成就

他には

  • 安産祈願
  • 子授かり・子宝祈願
  • 育児
  • 子孫繁栄
  • 五穀豊穣

豊玉姫命の別称

  • 古事記:豊玉毘売、豊玉毘売命
  • 日本書紀:豊玉姫

豊玉姫命の系譜

豊玉姫命の系譜

イザナギ・イザナミと言えば天照大神や須佐之男命を生んだとされる神ですが、他にもいろいろな神を生んだり(生んだというよりは発生させたという方が正しいのですが)しており、豊玉姫命はイザナギ・イザナミの孫にあたります。

豊玉姫命を祀る神社

豊玉姫命を祀る神社として有名なのは鹿児島県にある豊玉姫神社です。

豊玉姫命を祀る札幌の神社は下記記事をご覧ください。

>水の神(女神)を祀る札幌の神社

タイトルとURLをコピーしました