猿田彦神はどんな神様?神格や御利益も説明

スポンサーリンク
スポンサーリンク
猿田彦神 御祭神・神様

猿田彦神は、日本神話に登場する神です。

天狗の原型ともなったと言われる神様で鼻が7咫(あた)もあったとされており、1咫は約18cmとされているので、120cmもの鼻の長さだったことになります。

スポンサーリンク

猿田彦神について

猿田彦神はm神話では天孫降臨の時に、天照大神に遣わされた瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を道案内した国津神とされており、異様な鼻と背の高さが記され、背中だけでも2メートルもあったとされています。

瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が猿田彦神に出会った時、天鈿女命(アメノウズメ)に誰か聞いて来るように言ったとされ、その時に猿田彦神と名乗ったとされ、道案内をしたとされています。

猿田彦神の神格

導きの神・道の神・伊勢の地主神

猿田彦神のご利益

  • 旅行・交通安全
  • 開運厄除け
  • 商売繁盛
  • (縁結び・恋愛成就)

道案内をしたことで導きの神・道の神とされており、そこから迷えるものを導く神として、恋愛成就にも御利益があるとされています。

猿田彦神の別称

  • 古事記:猿田毘古神・猿田毘古大神・猿田毘古之男神
  • 日本書紀:猿田彦命

猿田彦神の系譜

特に系譜はありません。

古事記ではアメノウズメと結婚したことになっています。

猿田彦神を祀る神社

猿田彦神を祀る神社としては猿田彦神社椿大神社の2社が有名です。

札幌で猿田彦神を祀る神社は下記をご覧くださ。

>猿田彦神を祀る札幌の神社

タイトルとURLをコピーしました